Super Cat レーダー探知機 パッケージデザイン

Super Cat レーダー探知機 パッケージデザイン

〈販売チャネル:量販店〉
この業界の激戦チャネルでの展開に協力させていただきました。
非常に多いラインナップと分かりにくい機能差を、整理して伝えることが課題となりました。
感度+性能をもとに商品を3グレードに分け、「必要だと感じるグレードを、価格、性能から選択」→「グレード内でファンクションの差異を比べる」というフローを提案、採用されました。
流通・販売オペレーションでの判別性も考慮し、機種番号を大きくあしらったデザインに。

AD+D
桐林周布(株式会社アゾーンアンドアソシエイツ)
D
尾田孝(株式会社アゾーンアンドアソシエイツ)
PR
伊藤元彦
PM+C
永井達仁(株式会社アゾーンアンドアソシエイツ)
CL